スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

MBK第2章・第2話

新たな仲間

出来る限り元のパーツを整備して使いたいが、交
換または追加の必要も出てくる。新しいパーツを
組み込んで更に進化してもらおう。

ブレーキアウター受け下駄
ブレーキアウター受けに下駄を履かせる。
ブレーキは公道を走る車両にとって最も重要
な機能だと思うので、シマノの最新型のカン
ティブレーキに換装。
長くなったユニットリンクにはMBKのアウタ
ー受けでは対応できない。
シマノの短いタイプのユニットリンクや、太鼓
付きワイヤーと千鳥を組み合わせて引く方法も
試したが、結局アウター受けを作ってしまう事
にした。

ブレーキアウター受け下下駄パーツ
パーツ一覧
アウター受けはダイアコンペの1268−2番
クランプボルト穴直径が6mm
自作のパーツは3点のみで、アルミ合金製。
T=2。アルミ合金を選んだ理由は、家に買
い置きがあったから。

だいこん君1号
完成図
DIA-COMPEに敬意を表して「だいこん君」
と命名(^^)
近いうちに「だいこん君改」に進化予定。
ブレーキのワイヤーはシマノULTEGRAグレ
ードのポリマーコティングケーブル。
アウターは、jagwire製を使用。

ブレーキシューとリム
元のブレーキシューとリムの様子。
元のブレーキはシマノのLXで、今では交換用
のシューや舟が手に入らない。
30Kmほど走ると、この様にシューが異物を
拾いリムが削られてゆく。。。と、思ってい
たが、よく考えると実は経年劣化で弱ったリ
ムが剥がれ落ちてシューに刺さり、それが更
にリムを削っているのではないかと思い至っ
た。
リムの経年劣化と書いたが、ブレーキシュー
にも問題があると思うので、先にブレーキを
交換するのが効率的だ。

J-Fitハンドルとサブレバー
ハンドルバーはDixna J−Fit 380mm日本人
の体格に合わせて設計されているシリーズ。
サブブレーキレバーもDixna J−Clueを組み
合わせる。スポルティーフにはシャロー型が
よく似合うとか、補助レバーは邪道とか、
そんな事は大した問題ではない。
飾って楽しむのならそれでも良いが、実用の
快適さを追求するなら機能本位!

ハンドル周り
完成図
小ぶりなハンドルバーに大型のサブレバーを
インストールするとこのように窮屈な事にな
るのだ。手が小さな私には止む無し。

フロントブレーキアウター事情
ハンドルポストも胴体が短いものをチョイス
したので、ブレーキワイヤーのアウターがギ
リギリの取り回しとなった。
アウター受けは、DIA-COMPE D/C 1255。
アウターの端が収まるカップ状のボルトが異
様に長い気がする。
短いタイプのカップも付けておいて欲しかっ
た。

シフトケーブルポスト
右側(リアシフター側)のケーブルポストには
問題が発生していた。
錆で朽ちて穴が空いてしまっている。
崩壊したらその時はその時で、とりあえず様
子見することにした。錆の進行を防いでくれ
るかと甘い期待で、塗料を重ねてみた。

シフターのケーブルはシマノのPTEFコーティ
ングケーブルセットを使用。

第3話に続く









23 : 11 : 52 | 小細工・工夫 etc... | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<MBK第2章・第3話 | ホーム | MBK第2章・第1話>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://futagogogo.blog57.fc2.com/tb.php/493-0f734eef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2カウンター

プロフィール

nori

Author:nori
☆BD-1の事、その他いろいろ。
☆たまに更新する日記です。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

今日の天気


-天気予報コム- -FC2-

タイトルリスト#

≪ MBK第2章・第1話 ALL MBK第2章・第3話 ≫

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。