奄美輪行記-1

5月08日から16日までの奄美大島(梅雨の)旅行記

1 滑走路
奄美空港は雨。
伊丹空港を出発した時点では悪天候のため
鹿児島空港への変更か、伊丹に戻る恐れと
掲示されていた。


2 ちびりん奄美
到着後約30分、空港で雨の様子見中。
今日の予定は
奄美パークに直行してで先ず腹を養い、その後奄
美の情報収集と考えていたが、雨が酷いままなら
自転車は展開せずにそのままバスに乗せて奄美パ
ークへ行くか、名瀬のホテルへ直行か思案。

3 いもーれ
到着後約1時間、小降りで空も明るくなってきた
ので、とりあえず自転車を展開し、チェックしなが
らもう少し様子を見る。
ロビーには食堂がある。
鶏飯ラーメンの幟有り。
初めての土地で、この状況ならこの時間を利用して
ランチタイムにするべきなのだが、奄美パークの
レストランが気になるので、セオリー破り。

4 ハブ注意
奄美名物発見。
ここはまだ空港の駐車場。

5 パークへ
かなり小降りになってきたので、自転車で
走る事に決定。 13:32空港出発。

6 走行パッキング
荷物はヴァリオパックと小型バックパック
の組み合わせで、自転車に装着。

7 futa海を望む
空港から奄美パークまでは約2.3キロの距離。
晴れていたらどれほど青いんだろうと思いつつ
鈍い色の海を眺める。
それもまた楽しい。
空気は生暖かく湿気ているが南国の香りがする。
この時点で、フェンダーを持ってこなかった事を
激しく後悔。必需。

8 鶏飯
13:46奄美パーク着
先ずは腹ごしらえしなきゃ始まらない。
       が、
楽しみだったレストランは3月末で閉店していた。
残念(T-T)
受付で教えてもらった近所の店を目指してパーク
を一旦離れる。

携帯のGoogleMapで所在地を確認して走ったが
示されている場所に店は無い。郵便局の奥さんに
聞くと、よく同じ質問されるらしい。ナビゲーシ
ョンが違っているようだ。
で、到着したのだが結局その店は営業していなか
った。
選択肢としては空港に戻るか、パークに戻らない
と決めて先に進むか。
先に進む事を選択。

道々、オジイやオバア(敬称ですよ)に聞くと次の
峠を超えたらあるとの事。
時間的にもランチは無理かと思いつつ奄美パーク
から5.5キロ走って「ばしゃ山村 AMAネシアに
たどり着く。
奄美の名物「鶏飯」のランチにありついた。
想像通りの味だが、素直にうまい。
時刻は14:50。
このホテル&レストランは大きいしスタッフも多
いようなので、いざという時には頼れる存在にな
りそうだ。

9 ケンムン注意
ばしゃ山村にあったケンムン注意の標識。

10 ばしゃ山バス停
ばしゃ山村の前がバス停なので、パークには
戻らず、名瀬のホテルへ。
16:15ばしゃ山村発
運転手さん指示で自転車をキャビンに持ち込む。
一番前のシートが荷物置きとされていて、スーツケ
ースやキャリーバッグの上に置く事となった。
下の荷主には申し訳ないが指示に従う。

11 ビッグマリン
16:59ホテル ウエストコート前着
自転車を展開し、宿へ向かう。
晴れ。
奄美初日の宿はホテルビッグマリン。

12 ビッグマリン窓から
19:08ホテル着
ビッグマリンの窓から望む名瀬港。

ホテル付属のレストランで、兜煮定食の夕食を
とり、辺りを軽く散策して本日の行程終了。
明日の予定をたてる余力無く就寝。

[ 2日目:5月09日(金) ]
ビッグマリンの朝食はビュッフェ形式で、島料理
も並んでいて充実の内容。
朝食後自転車の点検整備。
前後ともガラス片が一カ所刺さっていた。ナイフ
でえぐり出したが、そこそこの深さがあった。
ガラス怖い。
だが、走行に問題はなさそう。

13 サンプリンセス
朝、港に巨大な客船が来ているとホテルの人が
話していたので見物する事に。

14 Sプリンセス拡大
全長が261メートルの大型客船。
戦艦大和もこんなにでかかったんだな。
このSAN PRINCESS号は昨夜神戸港を出て今朝
名瀬港入り、今夕沖縄に向けて出航。忙しいね。

15 長浜バス停
今日は、島バスで南下して瀬戸内町の古仁屋港ま
で輪行と決定。
ビッグマリンから徒歩1分の長浜バス停から古仁
屋行きに乗る。宿などの予約はしていないので、
古仁屋到着後現地でさがす。

ランチには早すぎるが、昨日学習したので、ホテル
のレストランで油ソーメンを搔き込む。
これがセオリーという物だ。

バス停では僅かだが雨が落ちてきた。
12:10長浜バス停発

16 バス内固定方法
自転車は「空いている所に固定」。

17 古仁屋・海の駅
17-1 瀬戸内町案内
13:40古仁屋・海の駅着

18 海の駅・観光案内
ここは加計呂麻島、請島(うけじま)や与路島
(よろしま)、徳之島などへ向かう船のターミナル。
館内の観光案内所で、宿を紹介してもらった。
清水(せいすい)に建つユートピアという民宿。

19 古仁屋漁港
古仁屋の漁港。

19-1 清水の峠
清水(せいすい)に向かう途上の景観。

22 ユートピア看板
15:12宿着
民宿ユートピアさん。
一旦荷物を置き散策に出る。

20 マネン崎展望所
清水のビーチを散歩した後、自転車でひと走り。
峠をひとつ超えるとマネン崎の展望所。

21 カケロマ方面
左に見えるのが神ノ鼻(大島のほぼ南端)
右は待網崎(加計呂麻島)。

17:18宿に戻って今日の行程終了。
天気予報は何度見ても雨。
清水では携帯電話の電波事情よくない。「x1」
の表示(au)のため調べ物には時間が掛かり過ぎて
不便この上無し。天気にしてもバスの時刻にして
も表示されるまでに分単位で待たなければいけない。
これでは埒が明かないので、もう一泊お願いして、
その分のんびり過ごす事にした。
時間に追われるために来た訳ではないのだ。

次回、三日目〜に続く。





 






02 : 53 : 32 | 旅行・極小旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<奄美輪行記-2 | ホーム | 欧州輪行妄想>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://futagogogo.blog57.fc2.com/tb.php/447-9154fe7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2カウンター

プロフィール

nori

Author:nori
☆BD-1の事、その他いろいろ。
☆たまに更新する日記です。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

今日の天気


-天気予報コム- -FC2-

タイトルリスト#

≪ 欧州輪行妄想 ALL 奄美輪行記-2 ≫

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる