堅固な城・蜂の巣?

ベランダの配水管辺りで羽音がしています。
地面を見るとセメントをこぼしたように小さな塊が散らばっています。

地面
巣?
上階から管が降りてくる部分です。
この辺りから時々短くブーンブーンと羽音がします。

明るさ
レタッチソフトで明度を上げてみました。
やはりセメントのような色の塊が出来ています。

泥蜂やジガバチといった蜂達の巣でしょうか?

蜂の中には壷の様な巣をを作る連中もいます。
その巧みな形状の美しさは、名工の手による芸術品としか云いようが無いほど
(そう言えば、小学校の時だったか中学だったか「国語」の教科書にもその
ような文章が載っていました。)、、、ですが、
我がマンションに巣をこしらえた殿様は、見た目よりも機能を優先して堅固な
城を好むようです。

蜂・泥・土と言ったキーワードでググってみると、もの凄い種類の結果が出て
きます。845,000件です。
愛情に満ちた動画なども多数お見受けできます。

蜂は世界で12万種、日本でも4,200種以上確認されているそうです。
なんと「種」だけでこの数!

私なんぞ、蜂と言われて思い浮かぶのは
1,ミツバチ(日本ミツバチと西洋ミツバチ)
2,スズメバチ
3,とっくり蜂
4,泥蜂
5,くまばち(幼少のみぎりは「くまんばち」と呼んでいました)
以上の5つだけです。
6,あ、まるはな蜂も思い出しました。
それでも6つ。
それも、名前に自信があるのは最後に思い出した「まるはなばち」だけです。

4,200種って他にどんな蜂がいるのでしょう?とにかく、もの凄い数の蜂が
日本にもいることだけは解りました。
この世の事などほとんど何も知らずに生きているのだと思い知らされますね。

我が家にNHKの番組を録画したVHSが残っているはずですが、それは
日本ミツバチに関するものです。
日本ミツバチは世界で、たった一種類だけスズメバチを撃退する術を持つ蜂
なのです。
相手が倒れるか自分が逝ってしまうか、ぎりぎりの所まで体温を上げるのです。
たった一度の差に掛ける大技です。

因みに養蜂家の方々が利用するのは西洋ミツバチで、こちらはスズメバチに対抗する
技は無く、簡単に肉団子にされてしまいます。


所で、我が家に作られた巣ですが、この中に幼虫の餌となる生物も閉じこめられている
と思うとぞっとします。
まさしく映画「エイリアン」の世界そのものです。

我が家に来た蜂は人間に悪さをしないので、そっとしておこうと思っています。

あ、肝心の城の持ち主の写真がありません。
ブログに絵や写真がないのは寂しいですね。



19 : 24 : 55 | その他もろもろ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<沖縄旅行2010 その壱 | ホーム | O次郎さん>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://futagogogo.blog57.fc2.com/tb.php/350-dcee7636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2カウンター

プロフィール

nori

Author:nori
☆BD-1の事、その他いろいろ。
☆たまに更新する日記です。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

今日の天気


-天気予報コム- -FC2-

タイトルリスト#

≪ O次郎さん ALL 沖縄旅行2010 その壱 ≫

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる