スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

輪行用ハンドル:プロトタイプ

 輪行用コロに合わせてハンドルを作成した。

↓これ
Futa--Rinkoh-Hnadle-Front.jpg


アイディアは、やっぱり かいちさん のハンドル。

↓部品と、完成品の対応図
Rinkoh-Handle-Parts.jpg


Rinkoh-Hnadle-Up.jpg


a:ダンロップの散水ホース
 (これが今回組み立て成功の秘密)

b:パイプ用金具φ40
c:ゼブラハイマッキー(これが活躍した)
 :簡単に中心が出せるパイプ状の物で、身の回りを探したらこれになった)
d:グリップエンドのキャップ(実物の予備が無いので、代用
 :実際は昔使ってたバックミラーの反対側用エンドキャップを使用)
e:現在使っているアップハンドルをカットした時に出た切れ端
 (これがハイマッキーに被さる)
f:6mmボルト用22mmワッシャ 4枚使用
 :この大型ワッシャがハンドルをホールドしてくれるのだ
g:ショッピングカートのキャスター金具(コロ1号機改に使った80mm車輪の軸)
 :これが、ハンドルのアーム部になる
h:ワッシャー&ナット多数
 :大型ワッシャのスぺーサーとしても使っている
i:φ6X30と35mmボルト

部品の写真には写っていないが、ハンドルグリップをかぶせて径を大きくした。



走行時には、簡単にハンドルが取り外し出来るように組み立てた。
簡単に取り外すための工夫。

1、パイプ金具は一旦ナットで完全に締めておく。
2、そのボルトの残りの部分にワッシャ(f)とハンドルのアーム部を止める。

↓前方のワッシャは、ナット1つを間に挟んで2枚を固定。
 ハンドルのアームがワッシャの間に入り込むようになっている。
Rinkoh-Hnadle-Doun.jpg


しかし、それだけでは直径22mmの大型ワッシャが隣のワッシャにジャマされてはずれない。
前後2枚のワッシャが数ミリ干渉するからだ。

そこで、取り外すワッシャの一部を削り落とした。
20060411020840.jpg


↓こうして外れる。
Rinkoh-washer-Up.jpg


23 : 59 : 59 | 小細工・工夫 etc... | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<輪行用ハンドル:プロトタイプその2 | ホーム | 花見その2>>
コメント
こんにちは、記事を拝見しました。
思ったのですがバンド部分からハンドルの根元までをカイデックスで一体整形してみては?
参照
いいもん見つけた&手作り・アウトドアー
2005年07月24日
by: sou * 2006/06/25 05:51 * URL [ 編集] | page top↑
souさん 初めまして。
>カイデックス
知りませんでした。
熱で曲げ加工ができるんですね。
情報ありがとうございます。
研究してみます。

また何か情報がありましたら教えてやって下さい。
by: nori * 2006/06/25 15:20 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://futagogogo.blog57.fc2.com/tb.php/34-50ee3988
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2カウンター

プロフィール

nori

Author:nori
☆BD-1の事、その他いろいろ。
☆たまに更新する日記です。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

今日の天気


-天気予報コム- -FC2-

タイトルリスト#

≪ 花見その2 ALL 輪行用ハンドル:プロトタイプその2 ≫

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。